葬儀の相場を知る

片付けられた部屋

これまで葬儀と言うのは、明確な料金プランが存在せず、都度利用者が業者から提供される物の中から、ランクを決めて申し込む必要がありました。そのため、不透明な部分もあり葬儀にかかる全体の費用が見えにくいと言った声もあったのです。 しかし、現在はプランで料金を表している会社も多く見られるようになりました。一般的に、家族だけが列席する家族葬と呼ばれるケースの場合は20万円程度から、大きなホールや葬儀会場を貸しきったものだと100万円以上は軽くかかります。一番コストがかかると言われているのは、お花で祭壇を華やかにすれば華やかにする程、コストが上がっていきます。 またこの他に、信仰する寺院への支払いが加算されてきます。

葬儀のスタイルも昔から比べて色々な形に変わってきました。昔は、親戚やお寺とのお付き合いも密接だったことから、自宅や寺院で行うのが一般的でした。しかし、最近はセレモニーホール等の開催が主流となっています。セレモニーホールで行う葬儀は、自宅や寺院よりコストがかかります。しかし、設備が整っており列席する物にとっても駐車場の手配等もしっかりしているため、面倒なことがありません。 また高齢者が亡くなった場合、すでに故人の友人や親戚が亡くなっていることも多く、列席者は自然と数が少なくなります。よって、家族だけで最後の時間をゆっくり見送るプランもあり、こちらはリーズナブルな料金となっています。ニーズに合わせたプランが増えてきたのが最近の傾向です。