相続について知る

書類を運ぶ女の人

自宅が遠くて頻繁に来ることが出来ない場合、遺品整理は千葉で専門の業者に行なってもらうのが便利ですよね。

遺言書の方式には自筆証書、公正証書、秘密証書の三種類があります。 このうち実際に利用されているのは自筆証書と公正証書です。 方式の選択でもコストに差が出てきます。 自筆証書はほとんどコストがなく、 相続が発生した際に家庭裁判所の検認が必要になります。 しかし、自分勝手に自由に書いた自筆の遺言書は家庭裁判所に「無効」とされてしまうことも。 公正証書では公証人役場に手数料を支払い、 証人を2名用意して 正しい方式で遺言証書を作成して行います。 一定以上の知識がある人か 行政書士などに依頼して作成するのが一般的です。 上記の方式のいずれかを選んだとしても 自分の望む内容が実現できるかはまた別です。 たとえば、遺留分(民法1028条)という制度を知らずに 我が家を特定の子に相続させて守らせたいと思った場合。 まったくの無策だと、 他の相続人から遺留分減殺請求を受けて その特定の子が一定の金額を支払ったり 場合によっては我が家を売却してお金を工面しなければならず 遺言で意図したのとは異なる結果となってしまうことも多々あります。 そういったケースでは、弁護士や司法書士に相談する方が 後のトラブルを防止する遺言作成案を示してくれるでしょう。

方式や相談の有無によってどのくらいコストに差が出るのでしょうか。 まず、相談なしに自筆で遺言作成した場合 コストはほぼ0です。 ただし、無効になったり偽造や変造のリスクがあります。 次に公証人役場で遺言作成した場合 公証人役場での手数料が財産に応じて決められています。 相続税の対象にならない3000万円以下であれば 23,000円(2015年3月時点)です。 さらに行政書士に依頼していれば、 5万〜10万円くらい掛かります。 遺言作成に関して事前にトラブル防止のために 原案作成段階で法律相談をするとなると 弁護士費用の相場は10万〜15万円くらいです。 原案作成だけではなく相続執行まで全てを任せると 30万円プラス遺産の2%といった高額となります。 相続財産が3000万円だったとすると、 30万プラス60万で90万円の報酬を支払うことになります。 相続財産に不動産がある場合には、 原案作成に司法書士も対象となります。 報酬の相場は5万〜15万円が多いようです。 行政書士兼任の先生も多く、 公証人役場への書類提出まで依頼すると 割引などしてくれる事務所もあるようです。 自分の子どもたちに禍根を残さないために 賢く遺言作成をしましょう。


関連リンク

  • 口コミ・評判でみる優良遺品整理業者の手引き

    利用者からの口コミで評価が高い遺品整理は費用を見ただけでは分かりません。低価格で優良な業者を探す方法を掲載中。